あなたの蔵書、電子書籍化しちゃいましょう!自炊の方法と自炊代行サービス紹介します!

あなたの蔵書、電子書籍化しちゃいましょう!自炊の方法と自炊代行サービス紹介します!
海外移住の準備をするにあたって悩みの種の一つが本棚を埋め尽くしている蔵書の数々。
 
処分しなくてはいけないのは分かっているのだけどせっかく集めた本たちだし、それにマンガなどはちょっとした息抜きに最高じゃないですか!でも、また読みたいけど海外移住の際には荷物になるから持っていけない!
 
そんな悩みをサクッと解決してくれるのが、蔵書の電子書籍化です。
 
今回は蔵書を自分で電子書籍化する通称「自炊」の方法をご紹介します。
 
また、自分でするのは面倒くさいし移住の準備でそんなことしてる暇はないという方には、自炊代行サービスもあるのでそちらのご紹介もします。
 

自炊とは?

 books-1039985_1280
ネット用語での自炊とは、自分で文庫本や漫画や雑誌などを裁断しスキャナーなどで読み取って電子書籍化することを指します。
 
 
部屋を圧迫している本たちをデジタル化することで身辺整理にもなり、iPadなどでいつでもどこでも好きな本を読むことができます。
 
ただし、ここで紹介するデジタル化の方法は裁断してスキャンする方法ですので、本はスキャン後に処分となります。ですから本をそのままの形で取っておきたいという方にはお勧めはできませんのでご了承ください。
 
もちろん本を破壊せずにスキャンする方法もあります。しかし、1ページ1ページ手めくりで行わないといけないため時間と労力がすごくかかります。その時間と労力を考えるなら、すでに電子書籍化されているデータをアマゾンや楽天などから購入する方が得策かと思います。
 
 
ですが、電子書籍化もされてない廃盤の本などで裁断せずに取っておきたいけど電子化もしたいというのであれば、富士通のスキャンスナップSV600という非接触型のスキャナがあるのでそれを使って電子化するのもいいかもしれませんね!

どうやってデジタル化するの?

 technology-792180_1280
必要になるのは本の裁断機とスキャナーとパソコンです。データを保存する外付けHDDも準備しておいた方がいいでしょう。
 
パソコンと外付けHDDは海外に持っていくからいいとしても裁断機とスキャナーを新たに買うのは気がひけますよね。 安心してください、履いてます。レンタルができます。
 
スキャレン.comというところで裁断機とスキャナーのレンタルをしてくれます。
DMMでもレンタルしてくれるそうですが、レンタル期間が短く評判がいまいちでした。
 
スキャンレンさんの方がコスパもよく評判がいいです。スキャナーを持っているという方は裁断機だけもレンタルしてくれます。その逆もしかりです。ホームページも見やすくて好印象ですね。
 
スキャナーは富士通のスキャンスナップ(iX500)というスキャナがオススメです。このスキャナは一枚一枚ではなく、まとめて紙をセットして高速でガガガーとスキャンしてくれるので最高です。
 
裁断が大変という方には裁断だけしてくれるところもあります。
例えば、このブックカットジャパンでは分厚い書籍などもカットしてくれるので辞書なども電子書籍化することができます。
 
 
スキャナーの設定ですが、JPGかPDFかで迷うところではないでしょうか?ちなみに僕はJPGで保存しています。僕の蔵書は大体が漫画なのでiPadで読むときはコミックグラスというアプリを使っています。
 
なのでJPGで保存して整理してからZIPにしてフォルダごとそのアプリに放り込んで読んでいます。 iBooksなどで本棚に綺麗に並べたいのでPDFがいいという方も、一度JPGで読み込んで不要なページを削除したりした後でPDFに変換するのがいいのではないかと思います。
 
その他のスキャナーの設定は以下を参考にしてみてください。
 
・画質の選択:スーパーファイン
・カラーモードの選択:自動
・読み取り面の選択:両面
・継続読み取りを有効にします:オン
・読み取りオプション
 文字をくっきりします:オフ
 白紙ページを自動的に削除します:オフ
 文字列の傾きを自動的に補正します:オフ
 原稿の向きを自動的に補正します:オフ
・ファイル形式の選択:JPG
・テキスト認識の選択:オフ
・原稿サイズ:サイズ自動検出
・マルチフィールド検出:重なりで検出(超音波)
 
スキャンスナップは一度にセットできる枚数が決まっているので注意してください。
 
無理にセットすると紙詰まりを起こしてしまいます。 継続読み取りを有効にしておくと一冊を複数回に分けても一冊と認識してくれるので有効にしておきましょう。一冊読み取ったらフォルダに入れて名前をつけて整理しましょう。
 
 

自分で電子書籍化するのはめんどくさいな〜。。。

 man-272679_1280
大丈夫です! そんな方には電子書籍化を代行してくれる業者が沢山あるので安心してください!
しかし、一度業者に頼んだらその本は処分されてしまうので処分して欲しくない場合は自分でやりましょう。
 
 
でも、デジタル化してくれて整理してくれて、なおかついらなくなった本を処分してくれると考えたらとってもいいサービスですよね!
 
 
以下のリンクが主に代行サービスを行ってくれる業者さんたちです。
漫画スキャン王 http://mangascanoh.com
SCAN SUPPORT SENDAI http://www.s-s-sendai.info
電子書籍本家 http://www.densyoka.jp
数奇庵 http://sukian.jp/
 
いくつも業者さんがありますが、大抵が基本一冊100円ぐらいから300円前後でPDFに変換してくれます。
 
 
一冊の基準は350ページ〜400ページのものが一冊でそれ以上のページ数になると二冊分や三冊分の値段になってきます。 また納期の希望によって値段も変わってきます。
 
本を業者に送って2週間から1ヶ月ほどでデータになってサイトの自分のアカウントのページからダウンロードできるようになります。
 
またはオプションでHDDやDVDに焼いてもらうこともできます。 本は返ってきませんのでご注意ください。
 
以上が電子書籍化する方法の紹介でした!   電子書籍化代行のやつを調べてて思ったんですが、なかなかのお値段する業者もあるので、今持ってる本はオークションにかけて儲かったお金で普通にアマゾンとか楽天で電子書籍買った方がいいような気もしてきました!
 
 
この記事書いといてそりゃないだろって感じですよね(笑) あはは、今のはなかったことに! それでは快適な電子書籍ライフをお楽しみください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
toroku

toroku

ペルー在住フリーランス。2014年2月にペルーに移住し、現在はペルーのど田舎に住んでいる。今の趣味は動画鑑賞(ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、youtubeなど)。社交的な人見知りでアウトドア好きな引きこもりである。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

コメント0

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)