海外で梅干しを作る裏ワザ!アプリコット(あんず)で作ってみたよ!

海外で梅干しを作る裏ワザ!アプリコット(あんず)で作ってみたよ!

海外で生活しているとどうしても和食が食べたくなりますよね。梅干しなんか特に!僕は日本にいた時、自分で梅干しを漬けるほど大の梅干し好きだったので、梅干しが食べたくて仕方がありません。

しかし、ペルーには梅は売っていない。梅干しを買うとなると首都のリマにある輸入食品店まで行かないといけない。ちなみに僕は首都のリマまで夜行バスで12時間ほどのところに住んでるので、そんなにホイホイと行けないのです。

食べたいなー。と思ってた時にふとあるものが目に入りました。

アプリコットで梅干し!?

apricot-172281_1280
それは、アプリコット!またの名をあんず!ちなみにスペイン語ではDurazno(ドゥラスノ)と言います。

いつも食べてたけど、よくよく見てみたら梅にそっくりじゃん!匂いも完熟梅の匂いとそっくり!

それもそのはず、あんずはバラ科サクラ属で梅と近縁種なのです。

こ、これは!もしやイケるのでは!?

調べてみると、やってる人いた〜!!

http://cookpad.com/recipe/1162033

http://cookpad.com/recipe/2054049

ということで、作ってみました。あんずで梅干し!

やってみよう!

必要なもの:

あんず 1kg

塩 150〜180g

焼酎(消毒用)

ビン(なければジップロックでも平気)

BGM スピッツ – うめぼし(奥田民生のカバーでもおk)

以上!

youtubeでうめぼし探したんですが、カバーしかなかったのでカバーの中で結構良かったリンク貼っときます。

さて、BGMをかけながら早速買ってきたあんずを、綺麗なあんずと傷の付いているあんずに選別します。

IMG_8757

傷がついてたり傷んでいたりするとそこからカビが発生して全部ダメになってしまうので、しっかり選別しましょう。

選別したら洗います。

IMG_8760
洗っている時にこういうヘタを取っていきましょう。

IMG_8763
小さい奴は爪楊枝などを使うと取りやすいです。

IMG_8766

 

IMG_8768
洗い終わったら綺麗なタオルかキッチンペーパーなどでよく拭いてください。

IMG_8769
拭いたら焼酎で消毒します。
本当はツボで重石を使って漬けるのがいいのですが、なかったのでジップロックで漬けます。

塩の量は重さに対して大体15%〜18%ぐらいで、減塩のものが良ければ13%とかで漬けてください。

IMG_8772
この時、僕は重さを間違えて塩を重さの20%で漬けてしまいました。。。

やっちまったー!!!

そして、梅酢、・・・いや、杏酢が出てきたところの写真も撮り忘れるという大失態。。。

んで、なんやかんやで1ヶ月漬けましたー!

そしたらあんずを取り出し、三日三晩干します

IMG_8946

 

そして、完成したのがこちら!

IMG_8992

 

本当は梅酢が出てきたところで赤シソを投入するのですが、そんなもの売ってなかったので、今回は白梅、いや白杏ということで、シソなしです!

さて、肝心の味の方は・・・

しょっぱい!!

やっぱり超しょっぱい!!

でも、梅干しっぽい!!あんずの味だけど梅干しっぽい!

そのまま食べるのはしょっぱいけど、料理とかに使えば全然いけますね。

今度はちゃんと塩の分量間違えないで漬けたいと思います。。。

失敗したので、罰ゲームとして一発芸します。

・・・・ふんッ!

梅干し!!

IMG_8999

お粗末様でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
toroku

toroku

ペルー在住フリーランス。2014年2月にペルーに移住し、現在はペルーのど田舎に住んでいる。今の趣味は動画鑑賞(ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、youtubeなど)。社交的な人見知りでアウトドア好きな引きこもりである。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

コメント0
CATEGORY :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)