海外行くなら持って行きたい、おすすめのクレジットカードランキング

海外旅行用にクレジットカードを作りたい時にオススメなのは、

  • 年会費は無料orなるべく安く
  • 海外旅行保険がついている
  • 旅先どこでも使える
  • 紛失時やトラブル時のサポートがある

という点ですね。

「たびハック」が旅ブロガーやクレジットカードの専門家に徹底調査した結果、海外に行く時に持っていくべきクレジットカードランキングは以下のようになりました。

上記の点を抑えた、トラベラー必須のカードとなっています。

参考:海外旅行におすすめのクレジットカードは?全800枚を徹底比較しランキングにまとめてみた

1位:三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

旅ブロガー・クレカ専門家から絶大な支持を得ているのが、「三井住友VISAクラシックカード」です。

人気の理由は、圧倒的な知名度と、世界中にある3,000万以上の利用加盟店数です。どの国でも、どんなお店でも使えるという安心感があります。

また海外旅行保険が付帯しており、このカード1枚で海外のトラブルに対応することが可能です。

何処で出しても恥ずかしくない、ステータスカードとしても有名です。

 国際
ブランド
年会費 海外旅行保険
初年度 2年目以降 付帯 死亡・後遺症 入院・通院 携行品
VISA 無料 マイペイすリボ登録で
次年度以降無料
大学生は無料
自動 2000万円 100万円 20万円

お申し込みはこちら→世界で一番使えるカード!三井住友VISAカード

2位:エポスカード

エポスカード

第2位に入ったのは【エポスカード】 です。

年会費は永年無料ながら、傷害/疾病治療で高額補償の海外旅行保険が自動付帯しています。

使わなくても持っているだけで、海外旅行保険の対象になります。しかも無料!

また旅行中にサポートデスクが日本語対応してくれる点も素晴らしいですね。

学生にも人気で、最短即日で発行できるという、年会費無料のカードでは最強の部類に入るカードです。サブカードにもおすすめです。

 国際
ブランド
年会費 海外旅行保険
初年度 2年目以降 付帯 死亡・後遺症 入院・通院 携行品
VISA 無料 無料 自動 500万円 270万円 20万円

3位:ジャックス横浜インビテーションカード

ジャックス横浜インビテーションカード
最近、急激にシェアを増やしているジャックス 横浜インビテーションカード(ハマカード)が3位となりました。

知名度が低いカードにも関わらず、多くのサイトで紹介されている理由は、その優れたサービスの良さ!

本人も家族カードも、年会費永年無料でありながら、海外旅行保険の補償額の高さは業界最高レベルです。その補償はエポスカードを上回り、国内旅行にも適用できるという幅の広さ!

実際に作る時は、JCBではなくVISAを選ぶのがポイント。こうすることで世界中どこでも使えるカードになります。

正直、年会費無料カードの中ではこれが最強だと思います。今後多くの旅人が、このカードを持つことになるでしょう。ちなみに横浜在住でなくても発行できますのであしからず。

 国際
ブランド
年会費 海外旅行保険
初年度 2年目以降 付帯 死亡・後遺症 入院・通院 携行品
VISA/JCB 無料 無料 自動 2000万円 100万円 20万円

4位:JCB EITカード

JCB EITカード

基本的には、上記3枚の中から選ぶといいのですが、海外保険料を合算できるというクレジットカードのメリットを生かすと、年会費無料カードを何枚か持っておくと安心です。

サブの1枚にJCB EITカードがオススメです。

年会費無料で海外保険が自動付帯となっています。そのため、持っておくだけで海外保険の適用となサブカード的な扱いとして持っている人が多いようです。

実施使うかどうかはともかく、海外でトラブル時には「24時間の日本語サービスが受けられる」ことも魅力的です。さらに、JCBカード会員専用の『JCBプラザラウンジ』を利用することも可能です。持っておいて損はない1枚です。

 国際
ブランド
年会費 海外旅行保険
初年度 2年目以降 付帯 死亡・後遺症 入院・通院 携行品
JCB 無料 無料 自動 2000万円 100万円 20万円

5位:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンブルー・アメリカ・ブルー・カード

同5位のカードは、 セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードとなります。

年会費(3,000円)が必要なカードですので、少々意外な気がしましたが、特典を見てみると納得。

同じ補償内容で海外保険に入ろうと思うと、3,000円どころでは収まりません。

さらに、現地でトラブルに合った場合でも、日本語でサポートが受けられたり、ツアーやレンタカーの手配など、いわゆる「AMEX基準」のトラベルサービスを受けることが出来ます。

さらに帰国した時には、空港から無料で荷物を宅配してくれるなど、コストパフォーマンスはぶっちぎりのクレジットカードです。さすがアメエキですね。

26歳までは年会費無料でアメリカンエクスプレスを手にすることが出来ます。

 国際
ブランド
年会費 海外旅行保険
初年度 2年目以降 付帯 死亡・後遺症 入院・通院 携行品
AMEX 無料 3,000円
26歳までは無料
自動 3000万円 300万円 30万円

外海旅行保険料は合算できてお得

上記のクレジットカードを所有する場合のメリットとして、海外旅行保険料を合算できるというものがあります。

例えば、エポスカード、JCBEITカード、横浜インビテーションカードの3枚を持っているとします。

3枚とも年会費無料なので、所有することにお金は1円もかかりません。

それぞれの保証内容を見てみると、こうなります。

年会費 死亡・後遺障害 障害治療 疾病治療  賠償責任  携行品損害 救援者
エポスカード 無料 500万 200万 200万 2,000万 20万 100万
JCB EITカード 無料 2,000万 100万 100万 2,000万 20万 100万
横浜インビテーションカード 無料 2,000万 200万 200万 2,000万 20万 200万
合計 合算されない 500万 500万 6,000万 60万 400万

参考:海外に行くなら持ってないと損!海外旅行保険が無料になるクレジットカード厳選3枚

例えば、現地でケガをしたり、調子が悪くなった時に最もよく使うのが疾病治療ですが、カード1枚では100〜200万円となるところが、3枚保有していると合算できて、500万円までの補償となります。

海外では治療費が非常に高額な場合があり、200万円の補償で間に合わない場合は自腹で払う必要があります。

無料のカードを持っているだけで、保証内容がアップするので非常にお得なのです。

それで旅慣れたトラベラーは、年会費無料のカードを複数枚持って旅行に出かけています。

注意点としては、

  • 死亡・後遺障害は合算されない
  • 日本出国後3ヶ月以内のみ有効

という点です。

もし、さらに高い保証内容が必要な場合や、3ヶ月以上旅行に出る場合には、「三井住友VISAクラシックカード」がオススメです。