「四国4県を比べてみた」に徳島県人が物申す!ちょっと毒も吐いちゃう

「四国4県を比べてみた」に徳島県人が物申す!ちょっと毒も吐いちゃう

さーて、何の記事書こうかなー。とはてなをプラプラしてたらこんな記事が。

「四国4県を比べてみた」記事が面白い。徳島の魅力ってなんだろう?

こちらはイケハヤさんの記事ですが、元ネタはこちら。

まだ移住地選びで消耗してるの?四国4県を比べてみました。

ちゃちゃこさんの書かれた記事で大変面白く、的確なご指摘の記事です。基本的に同意なんですが、

なんですが!

なに徳島最下位にしてくれとんねん!!

というわけで、生まれも育ちも徳島県である私HODAKAがみなさまのご期待に答え、「四国4県を比べてみた」徳島県人の主張を書いてみたいと思います。

徳島県民の主張

私は、徳島にずっと住んでいました。

0〜5歳 鳴門市

6歳 松茂町

7歳 高松に遊びに行く

6〜9歳 松茂町

10歳 愛媛に遊びに行く

11〜17歳 松茂町

18歳 高知に釣りに行く

19〜24歳 松茂町

25〜26歳 小松島市

ですので、四国の事はよく知っており、非常に公平かつ的確な意見を持っていると自負しております。

私の感覚と経験で、徳島県に送られた賛辞を分析してみたいと思います。

自然の壮大さ
壮大さは高知が飛び抜けてよい!
愛媛 ◯
香川 △
徳島 ◯
高知 ◎

お、おう。まあそうやな。

壮大さはまあ高知やな。

でも徳島の渦潮も結構すごいよ?観潮船が出ていて船の上からうずしおに迫るツアーは大人気なんですよ。海が滝のようになってそりゃもうすごいんやけど。

と、徳島県民は思うのですが、高知はホエールウォッチングとかイルカが見えるとかですもんね。渦潮とクジラなら、そりゃクジラ選びますよね。

徳島は海も綺麗!って言おうとしたんですが、高知の大月町にある柏島海水浴場なんてまじでリアルファインディング・ニモワールドが広がってますので、そりゃまあ負けますよね。

山の紅葉や滝もたくさん見どころはあるんですが、四国カルストとか行くとやっぱちょっと負けた感はありますよね。ぐぬぬ。


松山 ◯ 上品。おっとりしている。四国の中の都会人。本音は隠す。
高松 △ 勉強家。努力家。ケチ。見栄っ張り。利己的。
徳島 ☓ 情熱がある。上昇思考。意地悪。気が強い。卑屈。閉鎖的。
高知 ◎ 優しい。本音を言う。差別しない。豪快。だらしない。いいかげん。おせっかい。

おい、待て待て!徳島なんで☓なん?

「情熱がある」いいやん。情熱でなりたってるような街です。

「上昇志向」そうね、みんな基本上見て生きてるかな。お金もほしいし。

「意地悪」いやいやそんなに意地悪くないよ。ちょっと車の運転荒いくらいで。

「気が強い、卑屈、閉鎖的」ぐぬぬ。。。。

はい、全体的にあたってます。気が強い人多いです。ねたみひがみもまあまああります。閉鎖的なとこ行けば尋常じゃなく閉鎖的なとこあります。主に田舎の方ですけどね。

徳島市内でも昔からの下町に行くとそんな感じですね。

徳島の南の方は田舎具合が強く、小松島市以南でちょっと雰囲気変わります。お金にがめつくなりますね。

はっ!!!

僕、徳島ディスってるやん!!

あやうく相手のペースに載せられてしまうところでした。

その他の評価はちゃちゃこさんのブログを見ていただくとして、ここからは徳島県人の見た四国4県の違いを挙げさせて頂きます。

四国4県って違いあるの?

はい、むちゃくちゃあります。関東の方はそもそも四国各県の位置すら曖昧な方が多いと思いますが、西の小さな島の中で互いにしのぎを削っているのが四国4県です。

徳島県から見た他3県の魅力を賛辞としてお送りしたいと思います。

始めに申し上げておきますが、僕は四国4県に多くの友人がいます。みんなと今も連絡を取り合っていますし、大親友は香川にずっと住んでいました。妻は愛媛の新居浜市の出身ですし、高知の土佐や宿毛にも仲の良い友人が大勢います。

これから申し上げるのは、あくまでも感覚によるものであり、友人に向けた賛辞ではありませんので。

では、おほん。

香川!カッコつけんなよ。

ちゃちゃこさんも香川は「ケチ、見栄っ張り、利己的」だと評論しておられますが、これはマジでその通り。

香川には高松市という「大都会」があって徳島なんぞは足元にも及ばない規模の街があるんですが、どうも高松にお住みの方は、四国で一番都会なのは高松市だと思っておられる節があります。

いわゆるシティボーイ、シティーガール感を出してくるんですねえ。もちろん徳島の田舎っぺからしてみるとオシャレであるのは紛れも無い事実なんですが、

あえて、言いたい。

そんな大したことないで?

こんなことを言っても「負け犬の遠吠え」にしかならないのが徳島県の抱える深刻な問題なんですが。

愛媛、何真面目ぶってんの?

愛媛にいる友人たちは、真面目なんです。

良く言えば、優等生。悪く言えば「ちっちゃくまとまった」やつ。

休み時間にみんなでドッジボールをしてても、いつの間にかチャイムの前には自分の席についてるような奴なのです。

徳島は遠くにいったボールを探してるタイプ。

本物の都会人のオーラを出してくる人が多いんですよ、あそこは。

妻が新居浜出身なので、ちょっとここで愛媛の話を聞いてみましょう。

僕「愛媛ってどんな人が多いん?」

妻「うーーーーーん。まじめ、かな。」

で、出たーーー!!自他共に認める真面目っぷり!

そうなんです。一言でいうと、愛媛の人は「真面目です」

高知はマジで酒飲みすぎ

実は徳島と一番良く合うのが高知。

ちょっとした尊敬と失笑の入り交じる微妙な感覚です。

あれは僕が18歳の時、初めて買ったカブで高知まで室戸岬経由でバイクツーリングするという青春まっしぐらの時の話です。

やっとの思いで高知市内に到着した僕らは、ゴワゴワになったおしりを屈伸させ、美味しい匂いにつられて一件のラーメン屋さんへ。店の名前は忘れたけれど、ラーメンの美味しさよりも途中でこけた仲間のバイクの話よりも鮮烈に脳裏に焼き付く出来事がありました。

ちょうどお昼時の店内に一人でふらっと現れた22歳くらいの女の子。

「広瀬すず」似の華奢な感じで可愛らしい雰囲気で、さすが広末の故郷だぜ!っと心躍るのもつかの間。

その女の子がラーメン片手にジョッキ大をグビグビ飲みだしたのです。ビール片手にではなく「ラーメン片手に」という表現がぴったりの光景。

しかも中ジョッキじゃなく、あれは紛れも無く「大」!!

うわさには聞いていたけど、そこら辺の女の子が昼間っからラーメン屋でジョッキを振り上げるその光景は、純粋な僕の心に半端ない衝撃を与えました。

あれから何回か高知に遊びに行く事があり、豪快なおっちゃんたちとお酒を酌み交わす機会もあったけど、

 

お酒飲み過ぎです。

人生で初めて3日酔いになったのは後にも先にも高知に行った時だけです。

でも人あたりはいいです。基本的に。

そや忘れてた。こんな事言ってたね

ちゃちゃこさんのブログでは、徳島こんなふうに言われてます。

徳島のいいところは阿波踊りとチャットモンチーだけ!
神山町はいいらしいけど、徳島市内は……。

ちょ。待て待て。

他にもあるわ!

そしたらイケハヤさんも、

でも、確かに徳島の魅力ってよくわからないんですよ。「徳島ラーメン」が有名ですが、まぁ、言うてもラーメンですからねぇ。

言ってくれるねえ。

くそー地味な県だからって、言いたい放題。。。

って、僕も上で言いたい放題言わせてもらったので、徳島のいいところをご紹介したいと思います。

徳島のここが好き

ウミガメ

まず最初が、亀ってwwww。ウケるwww。

とか言うなよ。もう。

でもアカウミガメの産卵はマジでおすすめです。夜の暗い中を海から上がってきて穴を掘って、卵を産んでいく。それだけなのに、まじで感動します。クジラでは分からない自然の繊細さを感じることができます。

子どもとかにもいいかも。5月から8月くらいかな。

NHKの朝ドラ「ウェルかめ」が盛大にコケたのもあって、ウミガメも大したことないでしょって雰囲気になってるかもしれませんが、オススメですよ。

参考:日和佐ウミガメ博物館

今も、ウェルかめ放映記念とか書いてるとこが悲しい。。

一緒に、大浜海岸近くの「潮吹岩」も見ておくと、だいたいこの辺りはオシマイ。

祖谷のかずら橋

ちょっと遠いんですよね。ここは。

でも冒険気分を味わうことが出来る観光スポットです。リアルにインディ・ジョーンズ気分を味わえます。

といっても、橋なんですけどね。

徳島ラーメン

IMG_0107

ネタ切れじゃないんですが、私は徳島ラーメンを押したい。

たかがラーメン、されどラーメン。

うどん県に対抗して、ラーメン県とかいうくらい有名になってほしい。ラーメンと生卵とご飯食べすぎて糖尿病全国1位になるくらいラーメン愛が強い県民なのに、もうちょっとラーメンを表に出してほしい。

この前も、広州の友人に徳島ラーメンの話をしたら、

「徳島??・・・ラーメン?  有名なの?」

と言われる有様。

でもまあ、確かに「うどん」と比べれば市場規模が違いすぎて、負けてますね。

 

でも鳴門のわかめはまじで美味しいですよ。コリコリとした歯ごたえと詰まった感触を味わうと、他のわかめは食べられなくなります。

 

 

というわけで、徳島のここが好きでした。

地元に住んでればいろいろと行きたいところはあるんだけど、他から移り住んでくるにはちょっと決め手にかけてますね、確かに。

いいところなんですけどね、徳島。

徳島記事もうちょっと増やそうかなあ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
HODAKA

HODAKA

広州在住フリーランス、「たびハック」編集者。2014年に北京で海外暮らしをスタートさせました。夢は大草原に小さな家を建てることです。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

CATEGORY :