PM2.5対策マスク・グッズ!中国で実際に使って効果があったものをご紹介します

PM2.5対策マスク・グッズ!中国で実際に使って効果があったものをご紹介します

PM2.5対策のマスクやグッズを選ぶとき、どれを選べばよいのか迷いますよね。私が北京で住んでいた時に毎日使っていたマスクやグッズをご紹介します。百均で揃えられるものもありますので、これから中国に出張・転勤される方や日本でPM2.5が心配な方はぜひご参考になさっていください。

PM2.5の厄介な特徴

pm2.52-680x349

まずPM2.5の特徴をおさらいしておきましょう。

PM2.5とは大きさの単位で実際には「大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの」と定義できます。PM2.5は容易に大気中の有害物質と結合します。さらに非常に小さい微粒子のため、呼吸と共に肺の末端まで到達してしまいます。つまり肺の奥底に有害物質を運ぶという訳です。さらに肺から血管に入り血液にのって体中に流れます。結果として体全体に有害物質をいきわたらせてしまうのです。

PM2.5に付着する有害物質のうち、最も多いのはベンゾピレンという物質です。ベンゾピレンは地球上で最も発がん性が高いと言われている物質です。中国で測定したところ、その値は基準の14倍となりました。

つまりPM2.5は体に発がん性物質を行きわたらせる助けをする超極小微粒子の有害物質と言うことが出来ます。

PM2.5は、

  • とにかく小さい!
  • 発がん性物質を体の中に運ぶ

という特徴があります。

対策方法は一つしかありません。「体内に取り込まない」ことです。そのために役立つ対策グッズをご紹介しましょう。

PM2.5対策におすすめのN95マスク

まず揃えるべきはマスクですね。

といっても普通のマスクではPM2.5を防ぐことはできません。非常に小さい粒子のため普通のマスクの網目をすり抜けて体内に達してしまうためです。

一般にPM2.5対応として売られているマスクの中には、簡単にPM2.5を通してしまうものもあるので気をつけましょう。

一般的にDS2(日本・厚生労働省)かN95(米国・NIOSH)の規格に合格したマスクが安全です。

PM2_5対策マスク・グッズ!私が中国で実際に使って効果があったものをご紹介します!___THE_WAVE_ASIA

その他のマスクでは、鼻や横の隙間から普通に空気が入ってきます。前はガードできているものの、結構な風量で隙間から息を吸い込んでいるので、マスクの意味ありません。

PM2.5対策にはDS2かN95規格のマスクを使うのが良いでしょう。世界的にはN95規格のマスクがPM2.5対策として効果があると認められています。N95規格のマスクは0.1μm以上の微粒子を99%カットでき、PM2.5をほぼ遮断できるからです。N99という規格もあり、N95の上を行くマスクも販売されていますが、コストパフォーマンスで言えば今ひとつ。

おすすめは3M社製のこのマスク。

なお、中国でこのようなDS2・N95規格を買おうとするとそれなりの値段がするか、偽物を掴まされる事が多いので要注意です。ソースは私。IMG_1616

こちらは私が北京で最初使っていた3M社製9001V。後で調べたらN95規格ではないふつーのタイプでした。1ヶ月位使ってたんだけど泣。だから泣きそうな顔してるんですかね。なので日本に帰った時に買い換えました。

実は日本の商品でも

  • N95クラス
  • N95相当
  • N95グレード

などの表記のマスクはN95規格ではない場合があります。よく気をつけて購入しましょう。

 

さて、N95マスクの特徴はアヒルみたいな口ですね。これは完全なデメリットです。つけると面白い顔になり「大げさやなあ」という空気になるんですが、健康のためには外せません。ちなみに現地の中国人でこのマスクをつけている人は少ないのですが、日本人や韓国人、アメリカ人などの外国人の多くは最低でもこのマスクをつけています。

このマスクのいいところは、完全に顔が密閉できるところ。

ピッタリと覆われるので、息を吸うときに漏れがありません。もちろんその分若干の息苦しさがあるので一日中付けておくことはオススメできません。2,3時間が限界でしょう。一度一日中つけていたことがありますが、酸欠状態になり頭痛がしてきました。私のように酸素が必要な方は外出時のみの着用がおすすめです。

ただし口の前に空間があるので、話をするのは非常に楽です。また紐を頭の後ろに回すスタイルなので耳も痛くありません。ほっぺたと接するところもガサガサしているわけでもなく、蒸れもせず非常に快適です。鼻のところにはノーズクリップが付いているためメガネをかけても全く曇りません。吐いた空気は排気口から排出されます。

妻も使っていましたが女性の顔にもフィットするようになっています。

ちなみに、使用しようと思えば1周間くらい使えなくもないのですが、マスクの外側にはPM2.5がびっしり付いているわけですよね。冬の間ずっと滞在するならともかく、1,2週間の滞在なら1日で使い捨てくらいの気持ちで使ってもいいでしょう。1つが100〜200円ですのでおさいふとも相談しながら使うと良いかと。中国でも買えなくはないですが、多めに持っておくと安心です。

完璧なマスクを揃えるとPM2.5対策の半分が終わった感がありますが、他にも揃えると良いグッズがあります。

PM2.5対策グッズ−これがあると便利!

他にも効果があると言われるPM2.5対策グッズをご紹介します。

空気清浄機

PM2.5は部屋の中にも浮遊しています。ごく小さな微粒子も除去したい時にはやはり空気清浄機でしょう。中国でもシャープのプラズマクラスターやダイキンのうるおい光シリーズが大人気です。

中でもシャープのプラズマクラスターはやっぱりすごい!

日本だとそんなに感じないんですが、明らかに空気が違います。部屋の空気が澄んでいるのが分かるんです。無意識に深呼吸したくなるくらい空気が綺麗なんです。

気のせい?いやいやいつも汚い空気に慣れていると、本当に違いが分かるんです。

ちなみに冬は窓を閉めっぱなしにしやすいですが、適度に換気したほうが健康によいと言われています。換気した後の空気を綺麗にする点でも空気清浄機があると全然違います。

参考:大使館のお知らせ

というわけで、プラズマクラスターはマジでおすすめです。

でも、なかなか空気清浄機を持ってくるのも大変という方もいらっしゃるでしょう。

最近中国で話題になっているのが「SmartAir」というフィルターを使う方法。

聪明空气_Smart_Air佰意电风扇台式转页风扇家用静音学生宿舍小风扇_迷你床头鸿运扇-tmall_com天猫

これは空気清浄機と同じ効果があるとされるフィルターで、後ろに簡単な薄型の扇風機を取り付け、空気を流すことで空気中のPM2.5を含む微粒子を吸着する仕組み。その原理は空気清浄機と同じでかつコストもかからないことから、爆発的な人気となっています。

販売単価は1枚200RMB(4,000円)ほどですが、タオバオでは80RMB(1,600円)ほどで売っています。ちなみに扇風機は30−50RMB(600ー1,000円)ですので非常にお得です。

参考:SmartAir

コロコロ

IMG_2787

PM2.5対策のひとつは家の中に侵入させないこと。コートやジャケットにひっついているPM2.5をしっかりとっておくといいでしょう。

対策としては、「家の中に入る前に上着を叩いて落としておく」ことですが、同時にコロコロを使うと効果が倍増します。

我が家では玄関にコロコロを置いておいて二人でコロコロしあってました。というか妻の趣味でいつも部屋中コロコロやってます。主にほこり(PM2.5?)がくっつき目に見えるので、気分的にもかなり違います。

まとめ

実際に中国で私達が使っているものをご紹介しました。

毎年冬になると、北京の大気汚染が報道されますが、その他の季節でもそんなに空気が良いとはいえないのが中国。広州では比較的青い空を見る事ができますが、それでも空気が悪い日もあります。

PM2.5対策を整えて楽しい海外生活を送りましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
HODAKA

HODAKA

広州在住フリーランス、「たびハック」編集者。2014年に北京で海外暮らしをスタートさせました。夢は大草原に小さな家を建てることです。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

TAG :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )