アイルランドでデモに遭遇!?|海外では突発的な暴動に注意!

アイルランドでデモに遭遇!?|海外では突発的な暴動に注意!

たびハック企画で九死に一生体験を募集しました!
いろんな旅のトラブルについて集まった体験談を公開します!
今回は、アイルランドでのお話。

アイルランドと言ったら、雄大な自然。一度は行ってみたい国。

irish-995924_1280

こんな美しい国の首都ダブリンでデモ隊に遭遇!?どうぞお読みください。

普段は治安が良くても、突発的なデモには注意して!

現在30代後半の女性です
私は20代前半に欧州はアイルランド共和国に大学留学をしていました

ireland-98035_1280

アイルランドといってもIRAテロ問題で有名な北アイルランドではなく共和国側です
首都のダブリンも2000年代前半の好景気に沸いていたとはいえ欧州では珍しいほどの治安の良さが売りでした
私は郊外のアパートからダブリン市内の大学に通い地元大学生にまじって地道に勉学に励んでいたものです
ですがそこは外国人留学生ですから定期券を使って週末でも首都へ出かけ美術館や博物館・図書館などなカルチャースポットへ出かけては貴重な留学時間をかみしめていました

dublin-961594_1280

そんな風に比較的のんびりとした学生生活を送っていたのですがある時珍しく危ない目に遭ったことがあります

肌寒さが薄れてきたある2月の土曜日私はいつも通りにダブリン市内の国立図書館へ行き調べ物と学校の課題をこなしていました
午後遅めの昼食を安いカフェでとり学校で使う用品を専門店で購入した後下宿先に帰る前に国際電話をかけようとインターネットカフェへ立ち寄ったのです
日本の両親がインターネットでスカイプをできなかったのでこういったネットカフェにあるIP電話のブースから安い料金で国際電話をかけるのが当時の私の週末の習慣でした

ところがなじみのネットカフェに入るといつもは熱気でむんむんとしているくらい若者でごった返しているPCエリアはがらがら

おや?

カウンターの店員さんに声をかけようとすると誰もいません

さらにおかしいなと思って奥の方まで行きましたがIP電話ブースのエリアにも誰もいないのです

どうしたんだろう?と思って出ようとするとようやく人の気配がして声をかけられました顔見知りの若い男性店員だったのですがいきなりあんた大丈夫だった?と言うのです

そして続けざまにちょっと待ってどっち方面から来たの?と聞かれました

トリニティ大学の方からリフィ川を渡ってきましたけど…

そう何も見なかった?」「何をです?

そうかあんたは運が良かったんだねついさっきオコンネル通り(ダブリンのメインストリート)で北問題についてのデモがあったんだけどどうも暴力沙汰になってかなりいざこざがあったらしいんだようちはもう閉店するし気を付けてお帰り。」

背中を冷や汗が流れる感覚がしました
その店は私が通ってきた道筋からちょうどメインストリートへ出る角の部分にありまさにそのメインストリートで暴動が起こっていたのです
後からTVやネットニュースで確認するとここ数十年で最大規模の暴動ということで警官隊とデモが衝突して何十人ものけが人が出ていたのです

お店から出る時にふと見るとシャッターが3分の1ほど降りていました店員のお兄さんが様子を見ながら閉めかけていたのでしょう
またそそくさと帰路をとる途中にメインストリート方面を遠目に見やると確かに青と黄色の制服を着たガルダイ(警官)がそこここに居またいくつかのお店のショーウインドウが無残に割られたりしているのが見えました
人影は少なかったのですがいつもより異様に多いゴミの山が不気味な雰囲気を発していましたデモのプラカードや脱ぎ捨てられた衣類などが小さな山を作っていたのです

知らぬこととは言え目と鼻の先で暴動が起こっていたことを知らずにいたのでした
比較的治安のいい町とは言え外国でのこういった突発的な事故は回避がしにくく状況も把握しにくいものです

また私自身は非常に慎重な性格でいつも危険な地域(スラム)などは遠回りする地元人の意見をよく聞くなどの配慮をしていたにも関わらずこの暴動を予期できなかったことが悔やまれました

週明けにこのことを地元の同級生に話すと、「本当に運が良かったねあんな所で戦争状態が起きるなんて誰も予想なんかできないもの巻き込まれなくて本当に良かったと言ってくれましたそう私は本当に運が良かったのだと思います

皆さんも、外国の地では、突発的な暴動やデモに十分気をつけてください。

投稿:あゆみさん

flag-1208853_1280

編集者より。

あゆみさん、記事投稿ありがとうございます。

治安の良さが売りと言われていたダブリンでも、突発的なデモや暴動が・・目と鼻の先でのデモ遭遇。現場にいなくて本当に良かったですね。外国の地では、普段は温厚で優しく思う民族性でも、政治や宗教の絡むデモになると、人が変わったのかというほど、熱くなり、危ないなぁ〜ってことありますよね。

私の住むネパールでも、いろんな思想、派閥、民族が入り混じっているので、しょっちゅうバンダというデモがあります。タイヤを燃やしたり、投石したり、酷い時は亡くなる方も。

_MG_9650new

投石によって窓ガラスを割られたテンプー

デモの情報があると、前もって、大使館から、メールで注意喚起がきます。こんな感じ↓↓

大使からのお知らせ(16-14)

6月8日

マオイスト(チャンド派)によるネパール全土におけるバンダ(ゼネラルストライキ)の予定について(追加情報)

6月9日(木)に終日行われる予定のネパール共産党マオイスト(チャンド派)のバンダは、当が入手した情報によりますと、従来のバンダと違い、カトマンズ市内の隠れた場所から無差別に投石等を行う可能性があるとのことです。よって極力外出は避け、もし外出する際も、車両、バイクはもちろんのこと、徒歩での移動も充分に注意してください。

上記予定は、中止・変更の可能性がありますので、テレビやインターネットで最新の情報を入手して行動するよう心がけて下さい。

※ この情報は,お知り合いや旅行者等にもお知らせください。
※ 在留邦人で在留届を提出されていない方がおられましたら,大使へ在留届を提出するようおすすめ願います。
※ 近く帰国・離任を予定されている方,または既に帰国されている方は速やかに大使までご連絡下さい。
※ このメールの配信を希望されない方は,大使までご連絡下さい。

大使代表電話 4426680
※ 閉時(休日や夜間など)には、上記電話から緊急電話対応者に転送されます。

海外留学や、長期滞在者は、在留届を早めに出しに行きましょう。大使館からの情報は信頼できますし、注意喚起のメールなどは本当に助かります。少しでも、ちょっと危ない日かもと思ったら、外出は控えましょう。

また、誰も把握していないときに、突発的にデモが発生することもあります。
その際は、集団に巻き込まれないように、逃げましょう。興味本位で写真を撮りに行ったりしないでください。
デモ隊には、集団心理が働いているため、一人では絶対にしないようなことも、たがが外れたように皆で行ったりします。身の安全を守るために、賢く行動しましょう。

_MG_9164-2 コピーnew

「たびハック」では、あなたの旅のストーリーを募集しています。旅の思い出をたびハックにのこしてみませんか?

tabistory-tag.001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
じゅんじゅん

じゅんじゅん

さんまのようなマシンガントークを武器に笑顔を撮り歩くカメラマン。 好きなものは和菓子とあんこ。 嫌いなものはダルバート。 夢はヒマラヤの黒い空を撮ること。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)