海外移住アジア人気ランキング|香港

海外移住アジア人気ランキング|香港

WAVE.ASIA特別企画として、「海外移住するならアジア人気ランキング」を発表しました。各国の解説を載せていきます。

生活費★☆☆☆☆

香港も、上海などと同様に家賃は高い水準で推移しています。日本の田舎よりはもちろん安く、東京並みの家賃が必要です。食費も日本並みでしょう。

それとは対照的に、光熱費は非常に安く、ガス・水道・電気合算しても5,000円ほどです。通信費も日本と比べると半額以下で使うことができます。

とはいっても、家賃・食費の高さゆえに夫婦二人でも平均20万円ほど生活費が必要です。

一方で、経済格差が大きいので、庶民の食堂やローカルマーケットで食費をまかない、部屋もルームシェアするなどすると、独り身の方は安く住むこともできます。

ビザ★★★☆☆

リタイアビザは現在のところありません。

日本国パスポートがあれば、ノービザで90日間の滞在が可能です。そのまま正当な理由があれば、90日間の滞在延長申請を行うこともできます。滞在可能日数が切れる前に中国・深センやマカオに出境してしまえば、またノービザで入境できます。しかし、ノービザでの複数出入境はそれなりのリスクが伴います。

一方、30歳以下であれば、ワーキングホリデー制度も利用することができます。

また学生ビザを取得すれば、最高1年単位でビザを取得できます。また、日系企業で働き、就労ビザを取得することもできます。

正規の長期滞在ビザを持っていると、香港IDカードが発給されます。このIDカードを持っていると、各種公共サービスを受けることができます。

日常生活★★★★☆

冬は温暖で過ごしやすいですが、夏は熱帯並みの暑さ、加えて高い湿度、と不快指数は極めて高いです。

食文化は日本人の口に合っていると思います。外食文化が発達しており、日本食レストランも多くあります。飲茶のお店もいたるところにあり、食事には困らないでしょう。

インフラも整備されており、インターネットWiFiも街中いたるところで整備されています。

公共交通機関も文句無しです。メトロや二階建てバス、ミニバスが隅々まで網羅しており、移動には全くストレスがないでしょう。

上記のIDカードを持っていると、医療費も無料になります。

治安★★★★★

スリなどの軽犯罪はもちろんありますが、治安は日本よりもよいと言えます。夜の繁華街や電車でも、酔っ払いはほとんどいませんし、女性一人であってもよほど危ない場所に行かなければ、危険はあまりありません。

日本人★★★★★

日本人は多く移住しており、またこれからも増えるでしょう。

日本語が通じる病院なども数多くあります。

メリット

日本からの距離が近く、行き来がしやすい。世界的に見てもとても発展していて、住みやすいこと。治安が良く、移住している日本人も多くいること。

デメリット

家賃と住環境の問題がネックでしょう。

まとめ

インフラ・治安ともに全く問題はありませんが、狭い土地に人口が密集しているため、住環境には問題があります。

それでも、香港で仕事を探そうとしている若者世代にはオススメです。日系企業も多いため仕事の機会は多くあります。中国語や英語などのスキルを伸ばせることもメリットとして、大きいのでは。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
まんくまり

まんくまり

90年生まれ。ゆとり世代ど真ん中。ネパール語講師、ツアーガイド。ネパールという国と雄大なヒマラヤと純粋なネパール人を愛しすぎて、この国に骨を埋めたいとまで思う。チャコール絵画が趣味。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

コメント0

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)