【広州観光】地球の歩き方に載っていない穴場スポット「黄埔古港」が意外にもお勧め!

【広州観光】地球の歩き方に載っていない穴場スポット「黄埔古港」が意外にもお勧め!

観光客が広州で観光するときに絶対に行かない穴場スポット。でも現地人はここに来なきゃ広州に来たって言えないでしょ!とすこぶるオススメしてくる。それが「黄埔古港」です。地球の歩き方にも載っていない穴場スポットのレポートです。面白いので広州に来られたらぜひ足を運んでみてください。

「黄埔古港」とは

読んで字のごとく古い港跡です。「黄埔」(フアンプー)という地名の場所にある古い港なので、「黄埔古港」と呼ばれています。

広州は歴史のある街で、かつて中国で唯一外国との貿易が行えた街でした。現地で聞いた情報ではこの「黄埔古港」がまさにその場所。日本で言えば長崎の出島みたいな位置づけです。

昔(1750−1840)西洋人が中国にやってきて様々な文化や産品を貿易したことを記念してちょっとした観光スポットになっています。

まあ、早い話が昔の港跡っすね。

では早速「黄埔古港」に行ってみましょう。

屋台が並ぶ

 

 

道の両側に屋台が軒を連ねます。

道の両側に屋台が軒を連ねます。

 

 

観光客結構多いやん!

観光客結構多いやん!賑わってる!

 

いろんな屋台がありまして、これは広州名物の食べ物

いろんな屋台がありまして、これは広州名物の食べ物

 

豚の皮でしょうか。生姜の香りがして懐かしい味です。

豚の皮だったかな。食べてみよ。「もぐもぐ」生姜の香りがして懐かしい味です。まあ美味しいといえば美味しいな。でも1本で十分やな。

 

少し進むと港が見えてきます。

少し進むと港が見えてきます。

 

じゃーーーん!どうですか。昔の港っぽさが出ています。この石のかんじといい、水のゆらめきといい、

じゃーーーん!どうですか。昔の港っぽさが出ています。この土のかんじといい、水のゆらめきといい、

 

フツーの入江ですね。でもここが中国の貿易の窓口だったんです。そう思うとなんだか特別な気持ちに!なる・・・よね!!

フツーの入江ですね。でもここがかつて中国の貿易の窓口だったんです。そう思うとなんだか特別な気持ちに!なる・・・よね!!なろうよ!!

入場無料の資料館

さて、昔の広州を伝える資料館が作られていまして、入場無料で入ることができます。

 

中国っぽい門

中国っぽい門

 

中に入りましょう。

昔の港の様子がジオラマになっています。

昔の港の様子がジオラマになっています。

 

こんなん貿易してました。っていう意味だと思う。

こんなん貿易してました。っていう意味だと思う。

 

こんな船で貿易してました。っていう意味だと思う。

こんな船で貿易してました。っていう意味だと思う。

 

貿易の様子が人形によって再現されています。

貿易の様子が人形によって再現されています。

 

西洋人もしっかり再現。めっちゃくちゃリアルです。あれ、何その髪?

西洋人もしっかり再現。めっちゃくちゃリアルです。あれ、何その髪?

 

そんな髪してたんかい!って友達に聞いたら「侍の方がおもろいけどな」って言われました。いやこっちのがおもろいやろ!!!

そんな髪してたんかい!って中国人の友達に聞いたら「侍の髪型の方がおもろいけどな」って言われました。いやいや、こっちのがおもろいやろ!!!中途半端に残すなよ!と言ったら、侍のほうが中途半端や!!なんやあのチョコンとのってるやつ!って国際問題になってしまいました。ぐぬぬ。

「黄埔古港」に来たら食べてほしい「生姜ミルクぷりん」

さて、ここに来たら是非とも味わってほしい絶品スイーツがあります。それが「生姜ミルクプリン」!

注文するとまず液体になった生姜の入ったコップが運ばれてきます。

注文するとまず液体になった生姜の入ったコップが運ばれてきます。

 

そこに熱々のミルクを注ぎます。手早くささっと!

そこに熱々のミルクを注ぎます。手早くささっと!

 

しばらく待ちます。5分くらいかな。すると・・??

しばらく待ちます。5分くらいかな。すると・・??

 

ふわふわアツアツの生姜ミルクプリンの出来上がり!もうこれOLひいひい言うてますね。

ふわふわアツアツの生姜ミルクプリンの出来上がり!もうこれOLひいひい言うてますね。

 

この生姜ミルクプリン、むちゃくちゃ美味しいです。なんやあの最初食べた豚の皮とか言う奴は!あんなもんいっこも美味しい無いわ。

でも、こちらのトロトロふわふわの優しい味のミルクプリンは生姜の適度な辛さと相まってそれはそれは素敵な味となっています。「生姜ミルクプリン」マジでおすすめです。

 

歩き疲れたら、生姜ミルクプリンを食べて一休みしよう!

歩き疲れたら、生姜ミルクプリンを食べて一休みしよう!

 

というわけで、「黄埔古港」面白いですよ!半日くらいの観光にぴったりです。

開放時間は午前9:00-午後5:00

場所は地下鉄8号線の万胜围駅を降りてバスで直ぐです。百度地図はこちら

今回は妻が一緒にいけませんでしたので、また次回連れて行ってあげたいと思います。みなさんも地球の歩き方に載っていない穴場スポット「黄埔古港」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
HODAKA

HODAKA

広州在住フリーランス、「たびハック」編集者。2014年に北京で海外暮らしをスタートさせました。夢は大草原に小さな家を建てることです。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク