海外生活がしたいからブログを始めるのと、ブログで稼げたから海外移住することの違い

海外生活がしたいからブログを始めるのと、ブログで稼げたから海外移住することの違い

海外生活がしたいからブログを始める人

どちらがどうというつもりはないんだけど、最近ブログ書いて海外に住んでます。って人が多くなってきたように思う。

僕の周りにも何人かいるし、ネットでも今タイにいるとか、ヨーロッパに住んでいるとか、いろんな方がいらっしゃるようですね。

さて、海外生活がしたいからブログを始めるのと、ブログで稼げたから海外移住することは大きく違うと思っています。

順番としては、

  1. 海外生活や海外移住という目標がある。
  2. それを達成するためにできる仕事を探す。
  3. ブログで稼げるかもということに気づく
  4. 実際に稼げて海外移住を果たす

という感じ。

だから結構切羽詰まってる。

これで稼げないと、海外で住めないと思うから、必死になる。

夢のためになんとかしてと思ってキーを打ちまくる。

おそらく賢いのは、ブログで稼げて先立つものができたので、夢だった海外に行ってみようと思う方の方達でしょう。

ブログで稼げたから海外移住する

この方たちは、まず目標がブログにある。

  1. ブログで稼いでみよう。
  2. 結構稼げるじゃん。
  3. あれ?ここにずっといる意味なくね?
  4. 海外に出てみるか!

なんて素敵なんでしょう。

才能に溢れてるんかって感じですね。

泥にまみれてキーを打つ我々とは月とスッポンのうんこくらい違います。

豊富な資金を元に、優雅な生活を謳歌し行きたいところにはどこでも行ける。そして嫌になれば、別の国に行ってまた新たな生活を始めればいい。

 

でも、こんなことができるのは一握りの人達だけです。

一方、海外移住がしたいという目標がある人たちは、ブログでなくても、生きていくお金が手に入れば、日本語教師でも、セドリでも、株でもFXでもなんでもいいんです。

大切なのは、夢をあきらめないこと、汗を流すことです。

ブログで生活しているというと、楽な仕事でいいなあと言われることがありますが、結構過酷です。

幾つかのサイトを持っていると、管理にも時間が取られますし、記事は自分で書かなくてはいけません。アフィリエイトブログなら外注さんに頼めても、このブログのようなのは自分で打ちます。

時間結構取られます。

しかも、僕はブログを書きに海外移住したわけではなく、ここで色々とやりたいこともある。早い話、ブログばっかり書いて1日を終えるわけにはいかない。

海外移住したい人の中には、海外でやりたいことがたくさんあるかもしれません。語学の勉強、音楽の勉強、料理の勉強、素敵な景色を見る、、、、思い浮かばないけど、他にも色々あるよね。

そういう自分のやりたいことのために、時間を使いたいから、必然的にブログに取れる時間は少なくなってくる。少ない時間で成果を出さないといけないので必死です。汗水流してます。

でもいいんです。

夢のために海外移住をしたんですから。

 

ですから、夢をあきらめないでほしいと思います。

それはなんでもいいんです。

ただ、外の世界が見てみたい、ヒデさんのように自分探しをしてみたい、全然OKです。今の社会から逃げたい?全然アリです。

消極的な理由でもなんだっていい。世界に飛び出すんだという気持ちさえブレなければ、海外に行っても生活していけます。

根性だけは負けへんで。という気持ちさえあれば、ブログでもなんでも稼げます。

もちろん、毎日バカンスだぜという訳にはいきませんが、海外生活めちゃめちゃ楽しいですよ!マジで。

というわけで、「海外生活したいからブログを始めたい」という方を僕は全力で応援いたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The following two tabs change content below.
HODAKA

HODAKA

広州在住フリーランス、「たびハック」編集者。2014年に北京で海外暮らしをスタートさせました。夢は大草原に小さな家を建てることです。

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行がこのサイト1つで完結!

海外旅行に行きたい!と決めたのはいいけど。。 「航空券でしょ!ホテルでしょ!海外旅行保険に入って、現地ツアーも予約して、あ、クレジットカードも!ってどのサイトがオトクなのか分からない!!」 という時に、役立つサイトがオープンしました。


「たびハックトラベル」は、海外旅行に役立つサイトをジャンル別にまとめています。言うなれば、「価格コムのトラベルバージョン」。 あなたにピッタリあったお得なサイトが見つかります。

さあ、たびハックトラベルで世界へ飛び出そう!

スポンサーリンク

TAG :